忍者ブログ

プロの複勝予想で土日4日間で60,000円稼ぐ投資スタイル

Home > ブログ > 未選択

先週の成績



2019年12月7日

阪神7レース 8 エレヴァテッツァ

牝2歳

生年月日:2017年5月17日

毛色:鹿毛

調教師(所属):松永 幹夫(栗東)

馬主:有限会社 サンデーレーシング

生産者:(有)社台コーポレーション白老ファーム

産地:白老町

1着 複勝340円的中



2019年12月8日

阪神10レース 12 ビルジキール

牡3歳

生年月日:2016年5月3日

毛色:黒鹿毛

調教師(所属):安達 昭夫(栗東)

馬主:玉井 宏和

生産者:和田牧場

産地:新ひだか町

1着 複勝360円的中




1レースの掛け金は、25,000円以内でお願いします。

オッズが落ちて、投資にならなくなるためです。

必ず守ってください。







予想への参加はこちらから






PR

本題



「この馬が良い」と、1人言えば、

10人これを口にします。

本当は1人の人気であるのですが、

それが10となり100となっていて、

これが競馬の人気になっています。

「これで良いのでしょうか?」 



「馬がこうだったから負けた」という人がいますが、

正確には「違います」。

負けた理由は馬にあるのではなく、

自分の予想や買い方に問題があるのです。

馬の敗因というより、自分の予想のポイントがずれた。

自分の予想のポイントの焦点が、

合っていなかったということです。

負けている人は、これまでの意識を全部取り払って、

再出発することがスタートです。



ほとんどの人が馬の強い・弱いの予想をしていると思います。

過去実績、コースの適正、騎手・・・。

やはり、競馬も誰かと同じことをやっていても、

そう簡単に当たらない。

誰も知らないような、

今までになかったようなやり方で予想をしていかないと、

負けてる人と同じ結果しか得られません。

私の買い方(予想)は、おそらく、ほとんどの人が知らない方法で、

ほとんどの人が見向きもしないやり方です。



私は、今まで一切見向きもしなかったオッズに注視しました。

何故かと言うと、特定の条件の元で行われるレースで、

特定の馬が勝っていることが多いことに気づいたからです。



私は、競馬の賞金の仕組みを調べました。

なんやかんやで8着くらいまで賞金が入ります。

最後の方は、敢闘賞的な賞金ですが。



また、競争馬が下手に勝ってはいけないことがあることも知りました。

1着になってクラスが上がれば勝つことが難しくなります。

勝てなければ賞金が入りません。 

ここでいう勝つとは、6着くらいまでに入ることを指し、

この位の着順が継続すれば、かなりいい賞金が入ります。



賞金が入らなければ、馬主を続けることができません。

賞金が入らなければ、厩舎を経営することができません。

賞金が入らなければ、騎手を続けることができません。



競馬というゲームをうまく回して、継続させるために、

仕組まれたレースがあるというのが結論です。



競馬は的中しなければ利益は出ません。

競馬は、当たらないよりも、当たった方が面白いに決まってます。



短期の利益ばかりに目がいくと、

「今日の利益のために」。「明日の利益のために」で、

どうしても配当にしか目が行かなくなり、

3着以内に入る予測を立てるより、

配当で馬を選ぶようになってしまいます。



するとどうなるか?

当たらないに決まっています。

確実に自滅してしまいます。



配当を第一優先として予想を組み立てると確実に失敗します。

短期で利益を追うより、長期で追った方が、

無理をして無駄な馬券を買うことを考えなくなります。



複勝は控除率が低いため、競馬で利益を上げるために最適な馬券です。

多くのレースに少なく賭けるよりは、

1レースに賭けた方がリターンも大きくなり、

数々のレースを買うよりリスクがありません。



「絶対に買いたい馬券は複勝馬券」。

「絶対に抑えたい馬券も複勝馬券」。

「競馬の基本は複勝馬券」であると思います。



複勝予想の腕が上達すれば、馬連や3連複・3連単も上達します。

馬が先頭に踊り出てそのままゴール前を突き抜けた時の大きな感動と快感。

非常に大きな満足感が得られます。



当投資システムは、

1レース30,000円を投資し、複勝1.5倍を当てて、

15,000円の利益を出すことに手段を置いています。



それを4日間行い、最終的に、

土日4日間で利益60,000円を手にすることができるようなシステムです。



当然、複勝配当が2.5倍・3.5倍が当たることもありますが、

配当に重点を置かないスタイルです。



負け組に入らなければ勝ち組みになるのです。

当予想を是非お試し下さい。

自信はあります。









予想への参加はこちらから



















PAGE TOP